HR人材紹介

人事・管理部門/HR業界の人材紹介

新着情報・お知らせ

平成26年度厚生年金保険・国民年金事業の概況について(厚生労働省)


~公的年金制度、加入者数は前年度末に比べて4万人(0.1%)減少
受給者数は、前年度末に比べて187万人(2.8%)増加し、過去最多~

厚生労働省では、このほど、平成26年度の厚生年金保険・国民年金事業の概況をとりまとめましたので公表します。


【事業の概況のポイント】
<公的年金制度>
○加入者数は、6,713万人であり、前年度末に比べて4万人(0.1%)減少しています。
○受給者数(延人数)は、6,988万人であり、前年度末に比べて187万人(2.8%)増加し、過去最多となっています。
○年金総額は、53兆4千億円であり、前年度末に比べて6千億円(1.1%)増加し、過去最高となっています。
○重複のない公的年金の実受給権者数は、3,991万人であり、前年度末に比べて41万人(1.0%)増加し、過去最多となっています。

<厚生年金保険>
○被保険者数は、3,599万人であり、前年度末に比べて71万人(2.0%)増加し、過去最多となっています。
○平成26年度における被保険者一人当たり標準報酬額(年額)は、436万2千円であり、前年度と比べて0.8%増加しています。
○受給者数は、3,293万人であり、前年度末に比べて77万人(2.4%)増加し、過去最多となっています。また、老齢年金の平均年金月額は14万8千円となっています。

<国民年金>
○第1号被保険者数(任意加入被保険者を含む)は、1,742万人であり、前年度末に比べて63万人(3.5%)減少しています。
○第3号被保険者数は、932万人であり、前年度末に比べて13万人(1.4%)減少しています。
○受給者数は、3,241万人であり、前年度末に比べて101万人(3.2%)増加し、過去最多となっています。また、老齢年金の平均年金月額は、 5万4千円となっています。

※【事業の概況のポイント】の数値は、平成26年度末時点のものになります。



(厚生労働省 http://www.mhlw.go.jp/ 12月22日発表・報道発表より転載)


2015年12月24日